PCI DSS 準拠が必要になってきた時代背景

韓国でも大規模な顧客情報の流出が起こったのだそうです。
こうしたことも踏まえて、PCI DSS 準拠が急がれているのが窺えます。
韓国で流出した顧客カードが1億件だと言うのですから、規模の大きさが察せられますね。
韓国の先のような現状にならないために、その取り決めによる守りを強化していくことが大切になってくるのです。 

クレジットカード情報の管理を徹底するために、PCI DSS 準拠が必要だとする時代背景となりました。
それだけその情報の流出が深刻化している証左だと言えます。
クレジットカード情報が守られるならば背に腹は代えられないということで、PCI DSS 準拠に本腰を入れた企業様が少なくないはずです。
ともすればその取り決めは我が社にとっての生命線だと捉えている企業様があっても不思議ではないでしょう。
それだけクレジットカード情報を管理する上で相応しい取り決めだと企業様が感じているのが読み取れます。
その情報管理における不安要素を無くすることが、日本が抱える一つの課題です。